私が日々アンテナの向くままに買いあさっている漫画から、厳選したものを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ドリーズパーティー 1・2巻

 いよいよ、花粉飛散が発表されましたねー。今年は前年の5~10倍の飛散量とか。私は花粉症持ちなので、この数字を聞くだけで、春が憂鬱になったりします。
 花粉症持ちの皆さん、覚悟しましょうねー……はぁ……。

 それはさておき、今回もお薦めの漫画を紹介しちゃいましょうかね!
 今回は、こちらです!



 現在ヤングキングαで連載中の「ドリーズパーティー」です!

 アウトロー地帯で「シロマ診療所」を経営する天才マッド美女医師ドリー・シロマ。そこへ瀕死の重症患者がやってくる。彼の名はアーロン・マグリード。体中が腐りやがて脳まで腐り死に至る治療不可のウイルスに感染していた。ドリーはアーロンへ「50年の延命処置ならできる」と言う。「決して後悔しないで」そう念を押され、手術が始まり、麻酔から覚めたアーロンを待っていたものは……。

 物語のあらすじだけを読むと、「なんだ、医療系漫画か」と思いがちですが、この作品は基本的にギャグ漫画であり、医師・医療としての云々などは皆無で社会派的要素も皆無なので、難しいことを考えずに純粋に物語を楽しむことが出来ます。良い意味で、ファンタジーですね。
 作画やコマ運びなどは独特で、強烈な個性があります。デッサン力や作画能力は非常に高いのですが、何せこの個性的な表現方法です。「漫画」という媒体ならではのアレンジが多々見られ、それらに違和感を持たなければ、非常に面白く読めるかと思います。

(個人名を出すのは好きではないのですが、平野耕太氏の表現方法にそっくりです。アシスタントか何かなさっていたのでしょうか? ヤングキング系列ということもありますし……)

 お話自体は、重いテーマを扱っていたりするときもありますが、これでもかと言わんばかりにギャグが詰め込まれていますので、楽しく読むことが出来ますね。

 非常に個性のある、一風変わった漫画を読みたいときなどに、最適だと思います。

 作者様の公式ブログは、下記のところです。

山本和生の崖の下からコンニチワ。

 それではまた、お会いしましょー!

スポンサーサイト
2011-01-24 : 漫画の端 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

とらねこフォークロア 1巻

 寒い日が続きますね!
 天候も大荒れの中、センター入試の皆さん、ご苦労様でした。
 まあ、一段落ということで、漫画でも読んで、リフレッシュしてください!

 そんなわけで、今回の推薦漫画はこれ!



 「EREMENTAR GERAD」でおなじみの東まゆみ氏の新刊ですね。

 中学はケンカばかりで過ごしてきた主人公・乃木燈人は、自分を変えるために難関校聖アウラケイジ学院高等部へ入学をする。本人なりに努力してなんとかクラスになじもうとし、架谷由多・都枝沙樹と友達(?)になった。そんな中、学院では妙な噂が流れはじめる。曰く「ある時間にある携帯番号に電話をかけると何かが起こる!」早速試してみた沙樹が、突然行方不明になり……。

 超常現象もの学園ファンタジーです。ネタ自体は類似するものは多いと思うのですが、「EREMENTAR GERAD」で培った技術でしょうか、笑いありドキドキありと、飽きさせないストーリー展開が魅力的です。
 その他にも、キャラクターがしっかりと立っているのも、好印象ですね。2ページほどでさらりとキャラについてふれているだけなのですが、見た目としっかりシンクロしていて、「あれ? こいつこんなキャラだっけ?」といったような勘違いもなく、ストレスを感じさせずに読ませてくれます。

 女性作家らしい繊細な作画や、独特のコマ割りも魅力のひとつです。細かい点まで意識された作画・コマ割りが絶妙で、お話にぐいぐいと引き込まれます。

 基本、ギャグマンガなので、読む際は周囲の目線に気をつけるようにしましょう!(笑)

 以下、作者様の公式サイトとなります。

Azumayaへようこそ!

 それでは、また次回、お会いしましょー!
2011-01-18 : 漫画の端 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

貧乏姫ですが、何か? 2巻

 はい、皆さん、こんにちはー!
 寒い日が続きます。身体にお気をつけ下さいねー!

 それでは、今回はこの本を紹介します!



 以前、見たことがあるなー、と思った方! 素晴らしい記憶力です! 前に1巻を紹介しましたね。こちらです。当時のレビューも、リンクを参照してください。

 さて、今巻ですが、主人公・紅乃樹姫理恵の本格的な貧乏生活が、スタートします。
 粗大ゴミあさりから、初めてのお使い、超お嬢様校での級友との対決、そしてサバイバル(!)と、極貧生活を下僕もとい親友達と、楽しく過ごす毎日が描かれています。

 巻を重ねまして、2巻となった今巻ですが、1巻より増して、テンポの良い漫画に仕上がっております。私はどちらかというとじっくり読む方なのですが、1時間半ほどで読み終わっちゃいました。
 読後感も、なんだかほんわりとした暖かなものを感じさせてくれます。個人的には「第9話 まぼろしの貧乏戦」が一番好きですね。姫がかわいいです。

 内容に関して言えば、ぶっちゃけ、姫理恵の貧乏生活日記なんですけど、主人公を前面に押し出しつつ、かつ側面をしっかりとしたキャラクターが物語を支えていて、途中でだれたりせず、気持ちよく読めますね。暗い話は無く、楽しんで読める点も高評価です。

 未だお読みでない方は1巻から、1巻は読んだよという方は2巻を、ぜひ書店へ行ってゲットしてください!
 読んで、損はしない一冊だと思いますよー!

 前回と同じですが、作者様の公式サイトは以下の通りとなります。

『ありす堂 CROWN BRIGADE』

 近況などが載っております。ぜひ、訪れてみてください!


 先週末はたくさん「1巻」を買ってきましたので、成果のほどを、お楽しみにー!

 ではでは、またー!
2011-01-10 : 漫画の端 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

自殺島 1~4巻

 皆さん、あけましておめでとうございます!
 本年もどうぞ、宜しくお願いします!

 ……いや、まあ、ちょっと遅いのは分かってるんですけどね……。


 ま、まあそれより、今回のお薦め漫画はこれです!



 森 恒二氏の連載漫画「自殺島」です。「ホーリーランド」でも有名な方ですね。

 主人公「セイ」は、何度も自殺未遂を繰り返す「自殺未遂常連者」だった。ある日、彼はいつものように自殺を試みる。だが、目が覚めた先は、名もない「島」だった。そこで思い出す。ネットでまことしやかにささやかれている「急増する自殺者の医療費や社会復帰支援費用を支えきれなくなった日本政府は自殺未遂者を孤島へ島流しをする」という話を……。

 お話の内容は、一度「死」を選んだ人間が「生きる」ことへ執着する葛藤を描いた「サバイバル極限ドラマ」と、銘打たれています。
 大自然の中、「生き延びてしまった」自殺志願者が、どのようにして集団を作り、生きていくか。主人公は、周りの人間らは、どのような行動をするか。そのような内容を、リアルに描写しています。

 はっきり言いますと、好みの分かれる漫画だと思います。絵柄にしても、独特のデフォルメがなされていますし、何よりテーマが「自殺未遂者の生」です。その辺の死生観によっては、非常につまらない内容に思われる人もいるかと思います。
 ですが、この作品のもうひとつの魅力「サバイバル」もリアルに描写されていて、まさに息づかいが聞こえてくるような、そんな魅力を感じさせてくれます。その側面を読み解くだけでも、充分に面白い作品です。

 漫画は気楽に読むもの、と捉えると、少し重い作品かもしれませんが、その分、読み応えはあります。是非、一度、読んでみてください!

 作者様のサイトは……現在ありません。残念!

 と、今回はここまで。
 それでは、また!
2011-01-07 : 漫画の端 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

RIu.

Author:RIu.
日々、漫画にお金を費やすことを考えて生きている、漫画大好き人間です。どちらかというと、マイナーな作家さんの漫画が好物で、最近は表紙から「この本は買いか!?」という感触を感じ取れるようになりました(笑)。このブログが、皆さんの漫画ライフを向上させられたらな、と思っています。どうぞ、宜しくお願いします。

何かありましたら
o.riuichi★☆★gmail.com
(★☆★をアットマークに変換)
まで、ご連絡をお願いします。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。