私が日々アンテナの向くままに買いあさっている漫画から、厳選したものを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

狼の口 ヴォルフスムント 1・2巻/鎧光赫赫

 はい、お待たせしました! 今週もお薦め漫画の時間がやってまいりました!
 今日はあいにくの雨となってしまいましたが、こんな日こそ、ゆっくりと部屋で読書も良いものですね。

 ……ご託はいいですね。早く紹介に移りましょう!



 圧倒的な描写で、一躍注目を集めている久慈久光氏の連載漫画「狼の口」と、短編漫画集「鎧光赫赫」です!

 時は十四世紀初頭、アルプス地方。イタリアへと通じるザンクト=ゴットハルト峠に、街道随一の難関として知られる関所が存在した。代官ヴォルフラムが守るそこは、通称「狼の口~ヴォルフスムント」として、旅人達の間で恐怖の対象として呼ばれているのだった。そして、今日も通行人の取り調べが始まる。にこやかに微笑みながらヴォルフラムは言う。「当関所の代官を務めております、ヴォルフラムと申します。どうぞお見知り置きを」

 この様な感じで始まるこの作品。代官ヴォルフラムが守る関所「狼の口」を舞台に繰り広げられる、悲惨で無慈悲で、しかし一縷の望みが存在するオムニバス形式のお話です。

 この作品の見所は、お話の凄さもさることながら、そのお話を描ききる描写力。それこそが、この作品の醍醐味でしょう。決してアクロバティックなコマ割りを用いているわけでもなければ、奇をてらったお話を描いているわけでもない。ひとコマひとコマを圧倒的な描写力で描く。素晴らしい表現力です。

 作者である久慈光久氏の圧倒的な描写力は、狼の口で始まったものではなく、以前に描かれました単発漫画にも、その片鱗が垣間見られます。ですので、短編集「鎧光赫赫」も一緒に紹介しておきますね。是非、目を通してみてください。

 ……個人的には、もっと拳銃漫画も読みたかったですねー。編集さんに「誰が読むんだ?」と止められたらしいですが、一作だけ短編集に収録されています。面白いですよー。

 作者様の公式サイトは……現在存在しないようです。残念!

 と、今回はこの辺にしておきましょうかね。

 それではまた、次回お会いしましょー!
スポンサーサイト
2011-02-28 : 漫画の端 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

血界戦線 1・2巻

 はい、今日もやってまいりました、漫画の端!
 先週末に、また漫画を仕入れてきたのですが、ご紹介できる作品があるかどうか……頑張って読みたいと思いますので、それまで、しばしお待ちのほどを!

 それでは、今回のお薦めはこれ!



 あの「トライガン」で有名な内藤泰弘氏の最新作、「血界戦線」です!

 三年前、突如ニューヨークに、異界へ繋がる空間が出現、魔物が住まう町「ヘルサレムス・ロット」へ変貌を遂げた。主人公レオナルド・ウォッチは、訳あって金を稼ぐため、記者としてこの町を訪れていた。しかし、そこで他人に間違えられて、事件に巻き込まてしまう。すんでの所で助けられた人物は、レオを他人と勘違いしたまま、この町を守護する秘密結社「ライブラ」へ連れて行く。そして、そこで協力を求められたレオは……!

 と、こんな感じで始まるお話ですが、とにかく独特のデザインセンスと疾走するようなスピーディな物語が、圧倒的な迫力で展開され、読み手を完全に虜にする魅力にあふれています。
 これが、トライガンとはまた少し、違うんですよね。今回は登場する場所が地球上、しかも遠くない未来ということもあって、妙な臨場感がかき立てられます。
 そんな訳で、あまり有名どころは紹介しないようにしていたのですが、「面白さが勝った」というところで、今回紹介させていただくことにしました。

 内容については、スピーディでトリッキーなコマ配置に、前述ですがオリジナリティ溢れる登場人物が、凄く魅力的です。あまりトリッキーなコマ配置をすると、お話が崩れたり、ページ配分がおかしくなったりすることが多いように思うのですが、これはトライガンで培った技術でしょうか、しっかりと纏められていて、読んでいても飽きが来ません。
 登場キャラクターが魅力的、というのも、特質すべき点でしょう。物語の中に「悪人」や「敵」という概念が薄く、それぞれがヘルサレムス・ロットで生きている、と感じさせる描写も、注目すべきところですね。

 もう、こればっかりは「買って読んでくれ!」としか、言いようがありません。
 ちょっと手放しで褒めすぎですが、それだけに能いうる作品といえると思います。

 是非、この本を読んで、一時の異界での生活を感じてみてください。

 作者様の公式サイトは……現在リンク切れとなっております。残念!
 念のため、リンク先を乗せておきます。

EFentrance

 Twitterなどをなされているそうなので、そちらを検索してみるといいかもしれませんね。

 それでは、また次回、お会いしましょう!
2011-02-21 : 漫画の端 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

V&W CO.,LTD. ~航空機再生株式会社~

 はい、今回もやってまいりました! お薦め漫画紹介コーナー!
 私、関西に住んでいまして、外は深々と雪が降っておりますが、皆さんのところはどうでしょうか?
 ここ最近、雪が多くなっているようです。外出の際は、お気をつけ下さい。

 では、今週の漫画はこちらです。



 松田未来氏の読み切り漫画「V&W CO.,LTD. ~航空機再生株式会社~」です!

 全米各地を転々としながら、エア・ショーに参加する少女マリアと育ての親ジョシュア。その真の目的とは、幻の大戦機のエンジンパーツを収集することだった。だが、そこに様々なハプニングが起きて……!

 この漫画を一言で表すなら「ダイナミック!」です。
 起承転結をしっかりと貫いた話構成、インパクトのあるコマ割り、そしてそのコマ割りを支える丁寧な描写と航空機に関する豊富な知識。それらが一体となって、とても読み応えのある一冊に仕上がっています。
 特に、松田氏本人が非常に飛行機にお詳しいこともあり、その描写に目を奪われがちですが、少し引いて、ページ構成や話の流れに目を移してみると、その計算された秀逸さに、きっと驚くことでしょう。

 まあ、ここまで書いたのなら、この文章の言いたいことも伝わるかと思うのですが、この漫画、単巻で終了しているんですね。これは「非常に勿体ない!」と言わざるをえません。特にお話の中で今後登場してもおかしくないような扱いのキャラクターが、いっぱいいるんです。私個人としては「是非とも続きを読んでみたい!」と思うんですね。
 幸い、単行本の出版にあたり、出版社がアンケートを採っているようです。是非一度お読みになり「続きが読みたい!」と思えば、アンケートで主張してみましょう!

 是非一度、お手にとって見てください。損はさせませんよー!

 作者様の公式サイトは、下記の通りとなります。

天翔けるマントヴァ人

 それでは、また次回、お会いしましょー!
2011-02-14 : 漫画の端 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

℃りけい。 1巻

 はい、皆さんこんにちは。
 冬の寒さも一段落してきましたねー。このまま暖かくなる……のかと思いきや、また冬型の天気になるそうで、暖かい日々はまだ当分先とのことです。
 私は寒いのが苦手なので、早く暖かくなって欲しいなー、と思っております。

 では、今週はこの漫画を紹介しましょう!



 青木潤太朗氏作・わだぺん。氏画の、理系な女子高校生が主役のギャグマンガです。

 物理と名前の付く活動を部員それぞれ勝手に行っている「物理部」。部員の減少による部の存続の危機が訪れる中、部長の伊藤トノエが部員勧誘に行ったデモンストレーションは、なんと半田ごての実演だった! 果たして、こんなデモで新規部員の入部はあるのだろうか!?

 内容は、ひたすらセーラー服に白衣、もとい「ど」がつく理系の女の子たちが起こす、どたばた喜劇ギャグ満載の漫画となっております。
 この漫画でのウリは、ふたつあると思います。それは、あまりいない「理系女子」たちが紡ぎ出す物語と、丁寧な作画に弾けたギャグ! 特に、商業連載は初めてというわだぺん。氏の作画のレベルの高さは、特質すべき点です。

 そして、内容も非常に面白いものに仕上がっております。再三繰り返しているのですが、基本的にギャグマンガです。
 ですが、それらも一度は理系に足を突っ込んだ人なら思わずニヤリとしてしまうような秀逸なものに出来上がっていまして、完全理系頭な私としては、読んでいる間、ずっとニヤニヤしっぱなしでした。

 一度は理系を志した方も、そうでない方も、是非一度読んでみてはいかがでしょーか!?

 ……余談ですが、この本のタイトル、元ネタを書くと「ドリ系」なんだと思うのですが、どうなんでしょう?

 作画のわだぺん。氏のサイトは、以下になります。

二人の穴。

 ではでは、また来週ー!!
2011-02-07 : 漫画の端 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

EIGHTH 4巻

 いやー、すみません! 昨日は体調が悪く、一日床に伏せっておりました。
 偏頭痛発作なのですが、これがまたよくあるんですよねー。医者から偏頭痛治療薬をもらってはいるのですが、如何せん高価な薬なので、飲むタイミングが難しい!
 でも、効果もしっかりした薬なので、上手く飲めば発作を回避できるんですよねー。
 皆さんの中で、偏頭痛に悩まされている方! 今は良い薬がありますよー。近くの病院まで相談に行ってみてはいかがでしょうか?

 では、今週、紹介する漫画はこちらです!



 前にこちらで紹介しました「EIGHTH」の4巻が発売されました!
 今週は、こちらを紹介しましょう!

 CDCより盗難にあった改変H5型インフルエンザウイルスの犯人をついに突き止めた! その犯人は……レオン研の時のガード! つい怒りに身を任せて突撃したナオヤは、逆にウイルスを突きつけられ、脅迫される。「セルシアの居場所はどこだ?」 一方、その頃、その報を受けたEIGHTHでは、ヒカルがセルシアの身を守るため、寄宿舎の部屋へ急行するが……!?

 今巻はウイルス編解決という位置づけになっています。あとがきでも触れられていますが、完全な解決は次巻に持ち越し、らしいのですが、もう殆ど解決したと言ってもいいでしょうね。私も楽しみにしていましたので「ようやっと!」って感じです。
 内容の紹介からも分かるとおりなのですが、今巻はヒカルが八面六臂の大活躍をしています。ある意味、ヒカル無双な感じです。ヒカルファンにはたまらない内容になっていると言ってもいいでしょう。
 あと、2巻で行われたキャラ人気投票の結果も発表されています! 詳細は伏せておきますが、なんとナオヤが……ナオヤが……! この結果は、本誌をご覧になって、確かめてください。

 以前にもリンクを張りましたが、作者様のブログは以下の場所です。

お知らせなどなど

 それでは、また来週、お会いしましょー!

2011-02-02 : 漫画の端 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

RIu.

Author:RIu.
日々、漫画にお金を費やすことを考えて生きている、漫画大好き人間です。どちらかというと、マイナーな作家さんの漫画が好物で、最近は表紙から「この本は買いか!?」という感触を感じ取れるようになりました(笑)。このブログが、皆さんの漫画ライフを向上させられたらな、と思っています。どうぞ、宜しくお願いします。

何かありましたら
o.riuichi★☆★gmail.com
(★☆★をアットマークに変換)
まで、ご連絡をお願いします。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。