私が日々アンテナの向くままに買いあさっている漫画から、厳選したものを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

裸者と裸者 1巻

 はい、お待たせしました。今週の漫画紹介の時間です。
 一日ずれてしまい、申し訳ありません。いやー、ダメですねー。一度身体をこわすと、復帰が大変です。

 まあ、それはともかく、今週の漫画はこちら!



 原作・打海文三氏、作画・七竈アンノ氏が送る「裸者と裸者 1巻」です!

 共産圏の崩壊に端を発した大量の難民が日本に押し寄せ、政情が不安定になる中、「救国」を掲げる佐官グループが首都を制圧する。元号が変わって応化二年、アメリカ軍の介入により、政情はさらに混迷を増してくる。そして、応化十二年、使い捨ての戦力として編成された部隊があった。「孤児部隊」である。その中の一分隊の長の佐々木海人伍長は、昔から世話になっているロシアンマフィアのヴァン・ヴァレンティンから、ひとつの依頼を受ける。近々制圧が始まる土浦市に秘蔵されているドラッグを横流ししないか、との話であった。「外人部隊」の長イヴァン・イリイチ大尉は語る。「装備、訓練の費用は莫大。略奪品を金にしてるか? 私の外人中隊にはそれで立て替えている」と。佐々木海人は腹をくくることにした。

 文章だけで読むと難しい話に見えるのですが、ここは漫画の強みで、それらを絵として置き換えているため、非常に読みやすいお話になっています。
 リアルに戦場という地を主人公の目線で描いているという点で、非常に読み応えのある一冊になっていると思います。戦争という中では、人間の命ほど軽いものはないと、痛感させられます。
 作画に関して言いますと、独特の癖がありますが、しっかりとした強調表現がいっそう読み応えのある作風になっています。個人的には好感度が高いですね。

 ただ、ひとつだけ悔やまれるのは、原作者の打海文三氏が2007年に亡くなっていることが、非常に残念でなりません。
 生きておられたら、どれだけの作品を世に残せたのだろう、と考えてしまいます。


 作画・七竈アンノ氏の公式サイトは下記のところです。

Metalzigzag(メタルジグザグ)のつぶやき。

 それではまた、次回お会いしましょー!
スポンサーサイト
2011-06-14 : 漫画の端 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

RIu.

Author:RIu.
日々、漫画にお金を費やすことを考えて生きている、漫画大好き人間です。どちらかというと、マイナーな作家さんの漫画が好物で、最近は表紙から「この本は買いか!?」という感触を感じ取れるようになりました(笑)。このブログが、皆さんの漫画ライフを向上させられたらな、と思っています。どうぞ、宜しくお願いします。

何かありましたら
o.riuichi★☆★gmail.com
(★☆★をアットマークに変換)
まで、ご連絡をお願いします。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。